それでも売れないバンドマン 本当にもうダメかもしれない[本]
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

それでも売れないバンドマン 本当にもうダメかもしれない[本]

¥1,500 税込

送料についてはこちら

【数量限定】 サイン本/売れないバンドマンすごろくブックカバー付 著書を出版、ライブはソールドアウト、人気芸人と共演したし、地上波TVに出演もした──それでもまだ誰も俺のことを知らない!! 売れないバンドマン苦悶の記録第2弾、無謀にも前作より大幅増ページ゛で発売!! 超歌手・大森靖子との対談が実現 人気漫画家、世紀末による書き下ろし4コマ漫画も掲載 売れない、冴えない、情けない……インディーズで細々と活動するバンドマンが日々の苦悩を綴り話題を呼んだ『売れないバンドマン』(2017年刊)の第2弾、遂に発売! 4人組ロック・バンド、3markets[ ](スリーマーケッツ)のフロントマン、カザマタカフミ。バンドを始めて20年余り、熱心なファンベースに支えられてはいるものの未だ売れる気配はなし。そんな低空飛行の日常をまとめた前著『売れないバンドマン』は多くの反響を呼び、地上波TVやサーキット・イベントへの出演と活動の範囲をグッと広げるきっかけにもなった。 本書では、前著刊行以降に起こった出来事を中心に、「それでも売れない」バンドマンの心情を赤裸々に綴る。2020年5月にはバンド史上初の渋谷クアトロ単独公演も決定。 今度こそ遂に本格的ブレイクなるか──?? 「新しいステージ」への期待を込めた第2章。 <収録コンテンツ> ◆カザマタカフミによる「その後の売れないバンドマン」 →2017年第1弾『売れないバンドマン』刊行以降の出来事を綴った70本以上のエッセイを収録。長年活動してきたからこそ書ける話は、悩み多き若者、社会生活に疲れた大人たちの心を捉えて離さないはず。 エッセイのタイトル一例→ワンマンするのも 、CDを出すのも不安/それでもバンドは続くのか?/バンドマンのツアー時の宿泊所、辛かったベスト3を発表/尾崎世界観の世界観/息子が売れないバンドマンだと知った母親の反応/対バンの女子高生バンドの先生が自分の同級生だった/メイプル超合金さんとお仕事させてもらった/「今後の人生について考える会」in青木ヶ原樹海/なんで音楽やってるの?売れないバンドマンたちの本音/バンドマンなんてだいたいクズ/最近、やけに恋愛の曲書くバンド多くない?/来年フェスに出れなかったらやめると彼女に話したら ◆大森靖子との巻頭対談 →カザマ憧れのアーティストでもある「超歌手」大森靖子との対談が実現! ◆人気漫画家、世紀末によるオリジナル4コマ漫画 →3markets[ ]の大ファンであることを公言し、『殺さない彼と死なない彼女』が映画化された人気漫画家、世紀末が表紙はもちろん、この単行本のためだけに書き下ろしたオリジナル漫画を掲載。 ◆精神科医・高橋猛氏による公開カウンセリング →メンタルの弱いカザマが「不安の正体」「自意識について」など、自身の表現の根幹に関わることを精神分析のプロに訊く。 【CONTENTS】 第1章 2017年10月〜2017年12月 今年こそ、今年こそはと思ってきた 第2章 2018年1月〜2018年4月 とっくに限界なんて超えている 第3章 2018年6月〜2018年12月 俺の夢って何だったっけ? 第4章 2018年12月〜2019年9月 社会のゴミ、カザマタカフミ 第5章 2019年9月〜2020年2月 ラスボスはいつだって自分の中にいる 〈特別対談〉 大森靖子 〈特別企画〉 精神科医が「売れないバンドマン」を公開カウンセリング いきなりメンバー・アンケート 2020年5月 刊